spotnote-jp:

『BLUE BLUE YOKOHAMA』

うふふ。

6月の湿気と日差しが少々辛いが気分が良い。
私は目の前の扉の中にあるものを知っているのだ。



みなとみらい、大桟橋の根元にある茶色い壁がシックなお店。
”BLUE BLUE YOKOHAMA”

扉をくぐればお香の匂いが、ほっと息をつかせる。

http://spotnote.p2.weblife.me/article/BLUEBLUE.html

spotnote-jp:

『YOKOHAMA BASHAMICHI ICE』

日本のアイスクリームの発祥の地は横浜、馬車道だと言われていることをご存知だろうか。

赤レンガ倉庫にある”YOKOHAMA BASHAMICHI ICE”は、明治初期に卵と牛乳と砂糖のみを使って作られていたアイスクリームの風味を現代風にアレンジしたアイスがテイクアウトできる。

http://spotnote.p2.weblife.me/article/yokohamabasyamichiice.html

spotnote-jp:

『YOKOHAMA LOTUS』

まるで夏のような強い日差しが指す5月のある日、私は横浜はみなとみらいにある”ロータス”という店に訪れた。



一面真っ青に塗られた壁がまず目に入ったあと、特徴的な紫のワゴンカーが見えてくる。



少し歩いて喉が渇いていた私は、最初に目に入ったイタリアンソーダのアップルジンジャーを注文した。


http://spotnote.p2.weblife.me/article/YOKOHAMA-LOTUS.html

spotnote-jp:

『横浜大飯店』
 
中華街に遊びに行くなら、やっぱり沢山食べたいですよね?
今回は中華街大通りのなかでもオススメの中国料理のお店をご紹介します。
 
みなとみらい線元町・中華街駅の2番出口から徒歩10分。
善隣門の角に今日ご紹介する「横浜大飯店」があります。
 

spotnote-jp:

『カップヌードルミュージアム』

「カップヌードルはお好きですか?」

コンビニやスーパーで売っているあれです。
今日では日本の、いや世界の食のワンジャンルとして確立されたカップヌードル。
そんなカップヌードルのミュージアムがみなとみらいにあります。

そこではなんと、オリジナルのカップヌードルも作れちゃうんですよ。

http://spotnote.p2.weblife.me/article/cupnoodles.html

spotnote-jp:

『横浜美術館』

いちょう通りとけやき通りの間にある「横浜美術館」。
正面から見るとシンメトリーで横にながぁ~いのが印象的な建物です。

地上3階建てですが一部8階建てとなっており、突き出したビル部分に目が惹かれます。

最寄り駅はみなとみらい線みなとみらい駅から徒歩5分。
JR横浜線・横浜市営地下鉄線桜木町駅も最寄り駅で、こちらは徒歩10分になります。

http://spotnote.p2.weblife.me/article/yokohama-museum.html

spotnote-jp:

『MARK IS みなとみらい』

横浜美術館と向き合うようにして建っているのが
「MARK IS みなとみらい」。

“ライフエンタテイメントモール”がコンセプトの、みなとみらいで最大規模の商業施設となります。
みなとみらい線みなとみらい駅と直結しているので、電車でのアクセスも抜群。

もちろん駐車場・駐輪場も完備されている上に、バスでのアクセスも可能です。

http://spotnote.p2.weblife.me/article/mark-is.html

spotnote-jp:

『横浜赤レンガ倉庫』

午後17時すぎ。
降り立ったのは桜木町駅。

季節は夏真っ盛りだが、今日はいくらか風があって過ごしやすい。
歩くのにはもってこいだ。

「横浜赤レンガ倉庫」まで少し散歩をしてみよう。

http://spotnote.p2.weblife.me/article/yokohama-akarenga.html

spotnote-jp:

『土屋鞄製造所 横浜店』

革製品には様々な魅力があります。

なんとなくホッとできる匂いが好き。
少しずつ表面の色が馴染んでいくのが好き。
丈夫で長年連れ添えるのが好き。

そんな革製品の魅力を堪能できる
「土屋鞄製造所 横浜店」に訪れました。

http://spotnote.p2.weblife.me/article/tsuchiya-kaban.html

spotnote-jp:

『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』

まだすこし肌寒い春先の3月に僕は自転車を使い大さん橋へ向かった。

横浜駅からレンタル自転車をかりて、一走り、もう道も慣れたものだ。


大さん橋はみなとみらいが一望できるため、写真が趣味の僕には絶好の撮影場所だ。

みなとみらいにいったときはついついよってしまう。


http://spotnote.p2.weblife.me/article/oosanbashi.html